KIMURA Sachie

Abject Nails

20181015up



(2012)

untitled
2012
Manicure and pencil on paper.



alt=

untitled
2012
Pencil, color pencil, manicure on paper.







alt=

untitled
2012
Pen and manicure on paper.







alt=

untitled
2012
Manicure and pencil on paper.







I-Ghost, Tokorozawa(2008)

untitled
2012
Manicure, pencil, color pencil on paper.

>>Page Top








Abject Nails


Around 2012, I was drawing with manicure.

At that time, I had a interest in "body interface" such as skin, hair, nails. In the thinking of the boundary between "me" and "not me" ,there was a strong interest in what comes off from my body.

Even though I had affection for my hair and nails as part of me until a while ago, but as soon as those got away from my body, I would not want to touch them. Here I felt that there was something definite that self and others would reverse.

Especially manicure has remarkable deterioration and metabolism, as the edges peel off, new nails grow and become ungodly. In addition, manicure is a privileged material for me because it was a feminine daily necessity.

On the other hand, I was producing a transparent body with plastic at that time, and the transparency and mobility of manicure had good compatibility with my view of the body. I think the human body is not an absolute or permanent one, but it is an uncertain existence which constantly changes. Translucent gel like a manicure manifests it physically, I felt that way.

Then, while being drawn to the viscous nature of manicure, while drawing runny nose and tears and things falling from the body, I gradually joined bond and acrylic resin as a material.

2018
KIMURA Sachie



おぞましい爪


2012年頃、マニキュアでドローイングをしていました。

当時、わたしは皮膚や髪の毛、爪など、「身体の境界面」に興味を持っていました。 「私」と「私でないもの」の境は何かと考えているなかで、とりわけ体から剥がれ落ちるものに強い関心がありました。

髪や爪は、ついさっきまで私の一部として愛着を持っていたのに、体から離れた途端、触りたくもない嫌なものになってしまいます。 ここには、自他が反転する決定的な何かが存在していると感じていました。

とくにマニキュアは、端が剥がれたり、新しい爪が生えてきてみっともなくなったりと、劣化や代謝が顕著で、 かつ女性的な日用品であることなどから、私にとって特権的な素材でした。

一方で、当時私はプラスチックで透明な身体を制作していましたが、マニキュアの透明性や流動性が、私の考える身体観と相性の良いものでした。 人間の身体は絶対的・恒常的なものでなく、つねに変容しつづける不確定な存在であり、 それを物質的に体現しているのが、マニキュアのように半透明なゲル状のものであると、そう感じていました。

マニキュアの粘性のある特性にひっぱられながら、鼻水とか涙とか、体から垂れ落ちるものなどを描いていくなかで、 次第にボンドやアクリル樹脂なども素材として加わっていきました。

2018
木村幸恵




Copyright (C) KIMURA Sachie. All rights reserved.
1